自然派宣言

共生・共助の社会(まち)づくり「自然派宣言」

幼少期の自然体験

私は小さい頃から動物が好きでした。というより、自然に好きになったのかもしれません。

家は農家、まわりは、山、川、たんぼでした。

ヤギを飼っていて、乳をしぼってみんなで飲んだり、余った分は、乳どうふをこしらえて食べました。(私が生まれた頃は乳牛がいたそうです)

貴重なタンパク源でした。

子供を産み、私もよく世話をしました。

又、近くの川では、ウナギやエビ、アユなども水泳をしながらよくつかまえたものでした。

でも今は、川で泳ぐことは禁止され、子供はプールで泳ぎます。

自然の中にとびこんでいくということが、大人の都合で今ではほとんどできなくなっています。

子供から大人となる過程で、自然とどれだけかかわってきたかということは重要であると思います。

 

1.自然とのつきあい

 私の考え方の第1は自然とのつきあいをなくしてはいけないということです。 人間は、自分たちだけで生きていけるはずもなく、地球上のあらゆる生物、植物、水、空気、土壌、などと共に生きています。

 地球温暖化、オゾン層の破壊問題、生態系(エコシステム)の変化、日本固有の種の減少、など、人間にとっても危機的な状況はますます、大きくなっています。

 山が荒れ、田舎で生活する方々が減少したのか、今、田舎、山では、もちろん里山付近も含め、鳥獣被害が増大しています。

さる、いのしし、鹿など、家の近くまでやってきて、果樹や野菜、稲などまで被害に遭っています。
 

 徳島県、上勝町では、ゼロウエイスト宣言(ゴミゼロ)が全国で初めて行われました。

素晴らしいと思います。上勝町は、他にも、「いろどり」という、どこにでもある、「つまもの」で、高齢化が進むまちに、全国から注目される、システムを作りました。

今では、タブレットを片手に、ご高齢の方々が、しっかりと収入を上げています。

良好な自然生態系のおかげで、私たちは生かされています。そういう意味では、核とは共存出来ないと思います。

核は、人類が作り上げた破壊兵器です。自然界には存在しないものに、振り回されてはいけないと思います。人間の生命そのものがどうなるかの大きな課題です。

コナラ植樹を行いました 連合の森

 

福祉社会

 考え方の第2は高福祉社会を構築していくこと、そして将来に対して希望と安心が、享受できる政策をうち立てることです。

“まちづくり”には必ず社会的に弱者といわれる方々(障がいのある方々、子供、高齢者など)の意見を取り入れることが大切です。

東日本大震災を経験し、私たちはできることはやっていくことが重要だと痛感しました。行政の力、助けももちろん必要ですが、ともに地域社会の中で助け合い、そしてともに生きていく「共生・共助の社会」が重要だと考えています。

 

平等な社会の実現

 考え方の第3はあらゆる差別をなくし、人権を確立しそして、平和でみんなが安心して暮らしていける国際社会をの実現をみんなで考えることです。

今、世界的に人権、性差(ジェンダーフリー)、障がい者、子供などの差別解消に向けたとりくみがなされています。

日本も国際条約に批准したり、法律をつくったりしていますが、世界的には各地で紛争がおき、罪もない、子供たちが死んだり、飢えに苦しんでいます。

男女共同参画社会の実現、子供の権利条約の理念の徹底、ユニバーサルデザインの徹底など、やるべき課題はたくさんあります。皆様と共に考え行動したいと考えています。
今は、狭山闘争、第3次再審闘争に勝利し、石川一雄さんの無罪を勝ち取る闘争に連帯して頑張ります。

 

プロフィール

1957年(昭和32)11月1日 徳島県阿南市に生まれる。私は兄弟3人の真ん中です。

1973年(昭和48) 3月    福井中学校卒業

1976年(昭和51) 3月   徳島県立富岡西高等学校卒業

1981年(昭和56) 3月    麻布大学獣医学部獣医学科卒業(獣医師国家試験合格)

1981年(昭和56) 4月   徳島県庁に勤務。獣医師という技術職で入り、阿南家畜保健衛生所、徳島家畜保健衛生所勤務、牛、豚、鶏などの伝染病予防事業に従事。畜産の仕事が中心。

1983年(昭和58) 2月   結婚,4人の子供に恵まれる。

1994年(平成6) 8月 県庁を退職。この間、県職労、自治労の役員を経験し、主に環境問題、福祉、社会保障、反戦平和の運動、人権の確立、などの課題に取り組んできました。

1995年(平成7) 4月 統一地方選、県議選-徳島選挙区(徳島市、佐那河内村、定数13)に無所属で立候補し、初当選。ありがとうございました。 当選後、議会内会派・社会県民クラブ(5名)に所属し、土木委員会副委員長、経済委員、文教厚生委員、同和、人権、環境対策特別委員長、議会運営委員などを経験しました。

1999年(平成11)4月 徳島選挙区にて民主党公認で再選。 新風21(6名)という新しい会派を結成しました。2001年4月から2002年3月まで監査委員を務めました。

2003年(平成15)4月 県議3期目の当選をさせていただきました。

2007年(平成19)4月 県議4期目の当選をさせていただきました。

2011年(平成23)4月 県議5期目の当選をさせていただきました。

2015年(平成27)4月 県議6期目の当選をさせていただきました。(徳島選挙区定数10名)

2019年(平成31)4月 県議7期目の当選をさせていただきました。(徳島選挙区定数10名)

会派「新風とくしま」所属。 立憲民主党徳島県連代表。公社)徳島県獣医師会顧問。NPO法人スペシャルオリンピックス日本徳島理事。NPO法人「クレエール」理事、食とみどり、水を守る徳島県民会議議長。

県議会所属委員会 2018年度は、県土整備委員会委員。地方創生対策特別委員会委員です。

趣味・特技など たけのこ堀り(阿南市福井町)に両親の竹林があります。趣味は、温泉、カラオケ(特に細川たかし)、磯釣り(アオリイカ、グレ釣り)も大変面白いです。

自宅住所     〒770-8024 徳島市西須賀町東開60-19

Tel          088-669-5403

Fax           088-669-5408

mail        info@shonom.jp

庄野まさひこ後援会事務所は、自宅です。

日々徒然(ブログ)

タイトルをクリックして、各記事ページにジャンプできます。

庄野まさひこ県政レポートNo.35(2020年)

No related posts.

2020.6 徳島県議会本会議場にて、代表質問を行いました。

2020年6月議会代表質問(全文)2020年6月18日 (庄野議員登壇)  私は、新風とくしまを代表して質問をさせていただきます。  まず、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、お亡くなりになられた方々に哀悼の意を …

コメントなし

稲刈りを行ないました

2020年の稲刈り お盆明けに家族でお米を収穫しました。恵みに感謝です。 No related posts.

コメントなし

日々徒然 新ホームページ

子供たちの笑顔があふれるまちづくり、環境保全をできるように邁進してまいります。 新しいホームぺージにて、これから日々徒然を更新していきます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 No related posts.

コメントなし

ホームページ開設

徳島県議会議員 庄野まさひこ のホームページをリニューアルしました。 今後は当ホームページに政策や活動などをUPして参ります。 No related posts.

庄野まさひこ県政レポートNo.34(2019年)

2019年の庄野まさひこ県政レポートです。 紙面4p分は下記URLよりPDFファイルをご覧いただけます。 http://shonom.jp/wp-content/uploads/2020/10/306c70f77a5ff …

コメントなし

庄野まさひこ県政レポート No.33(2018年)

2018年の庄野まさひこ県政レポートです。 紙面4p分は下記URLよりPDFファイルをご覧いただけます。 http://shonom.jp/wp-content/uploads/2020/10/c1da95b773b74 …

コメントなし

庄野まさひこ県政レポート No.32(2017年)

2017年の庄野まさひこ県政レポートです。 紙面4p分は下記URLよりPDFファイルをご覧いただけます。 http://shonom.jp/wp-content/uploads/2020/10/3251bc67aa4b1 …

庄野まさひこ県政レポート No.31(2016年)

2016年の庄野まさひこ県政レポートです。 紙面4p分は下記URLよりPDFファイルをご覧いただけます。 http://shonom.jp/wp-content/uploads/2020/10/adae606e51bdc …

庄野まさひこ県政レポート No.30(2015年)

2018年の庄野まさひこ県政レポートです。 紙面4p分は下記URLよりPDFファイルをご覧いただけます。 http://shonom.jp/wp-content/uploads/2020/10/a7fa90a61753c …